【Flutter】2022年版 Android studioのインストール方法とセットアップまとめ

Flutterでアプリ開発するにあたり、Android studioのセットアップをまとめていきます。Android studioはandroidアプリ開発に必須です。

Mac PCにFlutterの環境を構築する最初の方法はこちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい
【Flutterの始め方】Macで開発環境を整える手順 こんにちは!本記事では、Flutterを始めるにあたって必要な手順を説明します。*ソフトウェアは全て容量が大きく、ダウンロードに時間がかかります。ご自分のMacの容量、...
目次

使用環境

MacBook Air (M1, 2020)

Android Studio Arctic Fox | 2020.3.1 Patch 4

Android studioをインストールする

Android Developers
Download Android Studio and SDK tools  |  Android Developers Download the official Android IDE and developer tools to build apps for Android phones, tablets, wearables, TVs, and more.

このページからAndroid studioをインストールしましょう。”Download Android Studio”を押すと自動でダウンロードが始まります。ダウンロード完了までは5分ほどかかります。

ダウンロードが完了したら、そのdmgファイルを開き、Applicationフォルダにコピーし、アプリをダブルクリックして起動します。色々聞かれますが、全てデフォルトのままNext、Finishを押して大丈夫です。

インストールが完了すると、下記のような画面が表示されます。まだFlutterのプラグインを入れていないので、”New Flutter Project”は見えていないはずです。(私はもうインストールしているので見えています。)デフォルトのままだとKotlinやJavaなどでの開発を念頭にしており、Flutterでの開発ができません。次でプラグインのインストールをしていきます。

プラグインのインストール

先程の画面の左側にある”Plugin”のボタンを押します。検索画面で”Flutter”を検索し、Installを押します。

Dartのプラグインも必要だよという注意が出てくるので、Installを押します。

インストールが完了すると、先ほどInstallだったボタンがRestart IDEと変わっているので再度押しましょう。

そうするとトップ画面に”New Flutter Project”が表示されているはずです。

次の記事では、Android studioでシミュレータをインストールします。

あわせて読みたい
【Flutter】Android studioでAndroidエミュレーター導入方法まとめ Flutter によるアプリ開発環境構築についてまとめています。本記事では、AndroidシミュレータがMacbookで動くようにセットアップする方法をまとめます。 Android studio...
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる