【Flutter】パッケージをインストール/アンインストールする方法について~コマンドと一緒に紹介

パッケージとは、Widgetをまとめたものです。目的に沿ったパッケージを導入することで完成されたWidgetを使って簡単に開発ができるため、手間が大幅に短縮されます。

本記事ではパッケージの探し方やインストール/アンインストール方法についてのコマンドなどをまとめています。

目次

パッケージの探し方

パッケージは下記ページで探すことができます。欲しいパッケージがあればここで調べればインストール方法や使い方など含めてまとまっています。

Dart packages
Dart packages Pub is the package manager for the Dart programming language, containing reusable libraries & packages for Flutter, AngularDart, and general Dart programs.

パッケージが多すぎて何をインストールするべきかわからない。。という方は、アプリ開発で欠かせないパッケージの一覧を以下で紹介しています。

パッケージのインストール方法

それでは、実際にパッケージをインストールする方法について紹介します。

それではグラフを書くのに必要なChartsを例にインストールしていきましょう。

pub.devで、”Charts flutter”と検索し、一番上に出てくる “charts_flutter (バージョン)”をクリックしましょう。

Installingタブを開くと、インストールに必要なコマンドが表示されています。

Android studioを開き、Terminalタブで記載された通りにコマンド(flutter pub add charts_flutter)をうちます。

エンターを押すと、何やらいろんなものをDownlodingしているよ、と出てきます。一通り終わったら、pubspec.yamlのファイルを開いてみましょう。charts_flutterが追加されているはずです。

最後にTerminal欄でflutter pub getを押せばパッケージを使用できるようになります。

使用する際にはmain.dartなどのdartファイルで、下記のように打てば大丈夫です。

import 'package:charts_flutter/flutter.dart';

pubspec.yamlに関するエラーが出てきた場合は、pubspec.yaml内のインデントが合っていないことが原因です。下記記事を参考に修正してみてください。

あわせて読みたい
【Flutterエラー解決方法】…of pubspec.yaml A dependency may only have one source.sdk: flutter パッケージをインストールするために、pubspec.yamlを変更したら下記のようなエラーが出たので対処法をまとめておきます。 Running "flutter packages get" in stylerec...

パッケージのアンインストール方法

アンインストールする方法はこちらの公式サイトにも書かれています。

まず、下記のようにターミナルで打ちます。charts_flutterはパッケージの例です。他のパッケージをアンインストールしたい場合はその部分に該当するパッケージ名を入れてください。これはインストールするときの名前と同じです。忘れた場合は、pubspec.yamlで確認できます。

flutter pub remove charts_flutter

そして、flutter pub getを打てば完了です。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる