【Flutter、Swift】GitHubって何?初心者向け解説

こんにちは!本記事では、GitHubの役割、GitとGitHubの違い、バージョンコントロールについて説明しています。

目次

GitHubの役割

GitHubは以下二つのことができます。

  • オンライン上でのコードのバージョンコントロール
  • 世界中に自分が作ったコードのシェア、またシェアされているコードの活用

バージョンコントロールとは?

バージョンコントロールとは、作成したプロジェクトコードの編集履歴を管理するシステムです。

コードを作成していくと、大規模なプロジェクトになるにつれ作成ファイルやコードは複雑に、煩雑になっていきます。修正をした際に、バグや思い通りにならず少し前の段階まで戻したい、、という時に、GitHubでバージョンコントロールをしていれば、前の段階まで戻す、という動作ができるようになります。

バージョンコントロールでよく使う操作

バージョンコントロールでは、以下の操作を主に使います。

branching

branchingは、”枝分かれ”という意味です。デザインの一部を全く違うものに変えたい。。という時に、一度メインのコードから複製してメインコードには影響を与えずに修正をすることができます。

merging

mergingは、”合併”という意味です。branchingで作った修正バージョンがうまく動作したと思ったら、mergingを使ってメインコードとして使うことができます。

commit

commitをすると、その段階までのコードの状態をバージョンとして保存します。

GitとGitHubの違いは?

Gitは主にローカルで、GitHubはオンラインでGitを使うことを簡単にしたものと捉えてください。

Git

オープンソースのバージョンコントロールシステムです。全てのコンピュータで使用可能で、mergingやbranchingを行うことができます。

GitHub

Gitをクラウドベースで使用可能にしたものです。複数人のチームで作成する場合などに大変便利です。

まとめ

GitやGitHubは、プログラマのほとんどの方が使用しています。一度GitHubのウェブサイトに行って新規登録してみましょう。

参考資料

Kinsta®
What Is GitHub? A Beginner's Introduction to GitHub At a high level, GitHub is a website and cloud-based service that helps developers store and manage their code, as well as track and control changes to
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる